PSA検査

  1. HOME
  2. 疾患検索
  3. 泌尿器科の疾患
  4. 泌尿器科における治療法・検査
  5. PSA検査

PSA検査

PSAは前立腺がんの腫瘍マーカーであり、前立腺がんを早期に発見するために健康診断や人間ドックでPSAを測定することが推奨されています。
PSAは加齢とともに上昇するため、年齢によるPSA基準値が標準化されていますが、一般的にはPSAが4.0ng/ml以上になると前立腺がんの可能性が高くなります。PSA高値を指摘された際は泌尿器科専門医の受診をおすすめいたします。 >>PSAについて詳しくはこちら

PSA値と前立腺がん発見率

前立腺がんの発見率
出典:(財)前立腺研究財団編: 前立腺がん検診テキスト

年齢階層別PSA基準値

年齢 基準値
50~64歳 3.0ng/mL以下
65~69歳 3.5ng/mL以下
70歳〜 4.0ng/mL以下

PSAが高い原因

“PSAが高い”イコール“がん”というわけではありません。前立腺肥大症前立腺の炎症といった前立腺がん以外の要因でPSAが高くなることもあるため、泌尿器科専門医は前立腺がんの有無を的確に診断する必要があります。
尚、最終的に前立腺がんの有無を確定するためには「前立腺生検」と呼ばれる組織検査が必要となります。

PSA高値の際の精密検査

PSA高値を指摘された場合、下記の検査を行って前立腺がんの可能性について評価します。

前立腺超音波検査

超音波検査で前立腺は淡く白い組織として描出されますが、前立腺がんは黒く抜けて見えることがあります。また、前立腺の大きさ(体積)を測定して前立腺肥大があるかどうかも調べることができます。

前立腺MRI検査

前立腺がんの存在を診断するためにもっとも優れた画像検査がMRIです。近年、MRIの進歩に伴い、前立腺がんの有無だけでなく、がんの位置、大きさ、悪性度などまで予測することが可能となりました。
MRI画像の結果から、がんの可能性を5段階(1点: がんの可能性は極めて低い 2点: がんの可能性が低い 3点: どちらとも言えない 4点: がんの可能性が高い 5点: がんの可能性が極めて高い)で評価する「PIRADS-score (Prostate Imaging Reporting and Data Systemの頭字語) 」がヨーロッパを中心に提唱され、予後に影響を与えるようながんの可能性を客観的に評価できるようになりました。
当クリニックではPIRADS-scoreをもとに前立腺生検が必要かどうかを決定しています


※PIRADS-scoreが3点以上の場合は前立腺生検での精密検査を行います。しかし、PIRADS-scoreが1-2点であっても前立腺がんが絶対に無いと言い切ることはできません。
その際はMRI画像だけでなく、PSA値、前立腺の大きさ、年齢、直腸診の所見など踏まえて前立腺生検を行うべきかを総合的に判断します。

前立腺生検

前立腺生検は超音波で前立腺を観察しながら前立腺に生検針を刺して組織を採取します。
採取した細胞を顕微鏡で観察し、がん細胞の有無について評価します。
東京八重洲クリニックでは局所麻酔で行うことができる「日帰り前立腺生検」を行っております。

Share

泌尿器科の主な疾患と治療法・検査