性感染症(性病)検査

  1. HOME
  2. 自費診療検索
  3. 泌尿器科の自費診療
  4. 性感染症(性病)検査

性感染症(性病)とは

性感染症は性行為によってうつる感染症の総称です。1回の性行為で感染する確率は30~50%と言われており、誰がかかってもおかしくない病気です。病気によっては全く自覚症状がないため、気付かないうちに感染してしまっていることもあります。
大切なパートナーとの充実した時間を過ごすためにも、心配な方は性病検査を受けることをおすすめいたします。
当院では、性感染症検診として、血液検査による肝炎ウイルス・梅毒・HIV感染症チェック、尿検査によるクラミジア・淋菌感染症のチェックを行っています。

費用

淋菌 3,300円(税込)
クラミジア 3,300円(税込)
梅毒 3,300円(税込)
B型肝炎 3,300円(税込)
C型肝炎 3,300円(税込)
マイコプラズマ 3,300円(税込)
ウレアプラズマ 3,300円(税込)
トリコモナス 3,300円(税込)
HIV 4,400円(税込)
淋菌・クラミジア(セット) 5,500円(税込)
淋菌・クラミジア・梅毒・B型肝炎・C型肝炎・HIV(セット) 15,000円(税込)

症状が無く、検査希望の場合は自費での検査となります。
検査結果については1週間以降に説明いたします。
排尿時痛、陰部の異常などがある方は保険診療となる場合がありますので、保険証をご持参ください。

泌尿器科/女性泌尿器科の自費診療の
ご相談・ご予約はお気軽にどうぞ
Share