性感染症(STD)

  1. HOME
  2. 疾患検索
  3. 婦人科の疾患
  4. 性感染症(STD)

性感染症(STD)とは

「性行為によって感染する病気」を性感染症(STD)といいます。 性行為中の粘膜の接触や体液・血液に触れることによって感染します。症状が出にくいものもあるため、感染してもすぐに気づかないうちに進行していることがあります。
大切なパートナーにうつしてしまったり、不妊症の原因となることもあります。

誰にでも関係のある病気です

性行為は私たちが生きていくための大切な行為です。だからこそ私たちの誰にでも関係のある病気とも言えます。
たった一人の相手でもそのパートナーが感染していれば感染の可能性があります。
当たり前の話しですが、たくさんの人と性行為をすれば感染のリスクが上がっていきます。

「もしかしたら・・・」と思ったら検査を受けましょう

性の衝動は人間の本能であり、本質的なものです。性感染症を完全に予防することは難しいので、定期的な検査をお勧めします。
「もしかしたら・・・」と思ったら迷わず医療機関を受診しましょう。

性感染症の種類と治療について

性感染症の種類と治療

性感染症は20種類くらい知られていますが、主な性感染症を感染率のリスクの高い順番で並べてみました。
性感染症のなかでも上記の表で赤字のHPV・B型肝炎・ヘルペスについては、感染したことがわかってもすぐに対処できないウイルスです。
病気そのものを治療できなかったり、自然に治ってしまうこともあります。黒字のウイルスや菌は、検査を受けて早めに診断して、早めに治療すれば治すことができます。 性感染症は、一度治療しても免疫かができず、何度も再感染を起こしてしまうものもあります。パートナーも一緒に検査を受けて、お互いに感染し合うことのないようにしっかり治療することが大切です。

ヒトパピローマウイルス(HPV)

HPVは性経験のある女性であれば50%以上が生涯で一度は感染するとされている一般的なウイルスです。
感染してもウイルスが自然に排除されることが多いですが、そのままとどまることもあります。
長い間排除されずに感染したままでいると子宮頸がんや尖圭コンジローマの原因となります。
感染前であればHPVワクチンで感染を予防することができます。初めての性交渉を経験する前に接種することが最も効果的です。

性器クラミジア

クラミジア・トラコマチスによる感染症です。 性器クラミジアはコンドームをしない性行為による感染がほとんどの原因になっているといわれております。
感染率の高さと症状が出にくいことから、自分が感染源となって、知らず知らずのうちに感染を拡大させてしまっている可能性もあります。
通常は無症状ですが、おりものが増えた、外陰部が腫れている、排尿時や性行為時の痛みなどを自覚することもあります。
進行すると不妊症や母子感染の原因になることがあるのできちんと治療する必要があります。抗生剤で根治することができます。

B型肝炎・C型肝炎

B型・C型肝炎ウイルス(HBV、HCV)による感染症です。肝臓に感染して肝炎の原因になります。
B型は感染してもほとんど治ってしまいますが、C型については約70%が治らずに持続感染します。 慢性化すると肝硬変や肝臓がんになる可能性もあります。多くは輸血や出生時に母親から感染しますが、性交渉で感染することもあるので注意が必要です。

性器ヘルペス

単純ヘルペスウイルス1型と2型による感染症です。一度感染するとウイルスが体の中に棲み続けて、免疫が低下した時に再発します。
口のまわりに症状が出る1型「口唇ヘルペス」と性器や肛門のまわりに症状が出る2型「性器ヘルペス」があります。症状がないことも多いですが、外陰部に水ぶくれやただれができてくることがあります。 しばらくするとただれは自然に治りますが、決して根治したわけではありません。疲労や抵抗力が落ちた時に再発してきます。抗ウイルス薬や鎮痛薬で症状を抑えることが可能です。

淋病

淋菌による感染症です。子宮に感染しますが女性は症状がほとんどありません。
進行すると子宮内膜炎、卵管炎を起こして子宮外妊娠、不妊症の原因になることがあります。
感染力は非常に強く、一回の性交渉でも感染することがあります。抗生剤で治療可能ですが、最近は抗生剤に耐性を持つ淋菌も報告されています。必ず医師の指示に従って治療しましょう。 性器に淋菌が感染している人の約30%に口腔内にも菌が認められるとの報告もあります。

HIV感染症・エイズ(後天性免疫不全症候群)

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)によって起こる病気です。病気が進行すると抵抗力が弱まり、健康時には感染しないようなウイルス、細菌、カビなどの病原体によって様々な病気が引き起こされます。
早く見つけて適切な服薬治療を受けることでエイズ(後天性免疫不全症候群)の発症が抑えられます。近年HIVで命を落とすことはほとんどなくなりましたが、専門の医療機関で治療することをお勧めします。

以下に該当する方はHIV感染症の定期検査が必要です。

  • 男性同性愛者との性交渉を持つこと
  • 麻薬使用者
  • 風俗産業関係者

一度でも性病にかかったことがあればHIVの検査をしておくことをお勧めします。
保健所や病院で検査を受けることができます。まずは保健所に問い合わせてみてください。

梅毒

梅毒トレポネーマによる感染症です。性行為で粘膜や皮膚の小さな傷から感染します。 梅毒は一昔前の病気と思われがちですが、2014年以降、患者数は急増しており、特に20代前半女性の感染者数が増えてきています。初期は外陰部にしこりを形成します。
その後、鼠径部のリンパ節が硬く腫れてきますが、痛みもなく3週間ほどで症状がなくなってしまいます。 数年から数十年後に心臓、血管、神経の異常が現れることがあります。抗生剤が有効です。菌を死滅させることはできても、臓器などに生じた障害を元に戻すことはできません。早期の治療が大切ですので、気になることがあれば医療機関を受診しましょう。

Share

婦人科の主な疾患と治療法