更年期障害

  1. HOME
  2. 疾患検索
  3. 婦人科の疾患
  4. 更年期障害

更年期障害とは

更年期障害は、女性ホルモンである「エストロゲン(卵胞ホルモン)」の分泌が急激に減少することで起こります。
エストロゲンが減少すると、今までエストロゲンによって調整されていた体の機能がうまく働かなくなってきて、のぼせ・ほてり・動悸・冷え・不眠・イライラ感といったさまざまな症状を自覚するようになります。 また、卵巣に対してもっと女性ホルモンを出すように脳からシグナルを送るようになるため、自律神経のバランスが崩れ、心身の不調をきたしやすくなります。特に日常生活にまで影響を及ぼす場合は治療が必要となります。

更年期障害と女性ホルモン(エストロゲン)の関係

更年期障害の原因について

閉経に伴って卵巣の働きが衰え、エストロゲンの分泌が急激に減ることが原因で起こります。
エストロゲンは月経や妊娠といった女性機能のほか、乳房や性器の成長、肌や髪を艶やかにするなど女性特有の体作りをサポートするホルモンで、その分泌が減ると今までエストロゲンによって調節されてきた機能がうまく働かなくなります。
また、エストロゲンが減少すると脳がもっと女性ホルモンを出すよう卵巣に対して指令を送り続けますが、卵巣の機能が低下しているためホルモンを出すことができないので脳がパニックを起こして自律神経のバランスが乱れ、体や心にさまざまな不調が現れるようになります。
年齢的にも働き盛りだったり、子育てや親の介護があったりと仕事や家庭のストレスが増える年代でもあるため、体の変化に精神的なストレスが加わることで更年期の症状が重くなる人もいます。

更年期障害の症状について

更年期障害はさまざまな症状が表れます。主な症状は、自律神経失調症状(のぼせ・ほてり・息切れ・冷汗・動悸・冷え・腹痛・腰痛・不眠・イライラ感)や精神神経症状(不安・不眠・うつ・孤独感・頭重感)などです。 更年期障害とよく似た症状をきたす大きな病気もありますので、更年期障害による症状と自己判断せず、まずは病院で正しい診断をしてもらうことが重要です。

更年期障害の検査について

月経の有無や閉経からの期間、過去に乳房や子宮、卵巣の病気にかかったことがあるかなど体の状態に加えて、現在困っている症状などを問診で確認します。 血液検査で血中のホルモン濃度を調べるほか、子宮頚部や卵巣の検査で子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣のう腫など婦人科系の疾患がないかを調べ、細胞診で子宮がんのチェックも行います。

更年期障害の治療について

更年期障害には身体的要因・精神的要因が複雑に関与しているので、まずは生活習慣の改善や心理療法を試みて、それでも改善しない場合には薬物療法が必要となります。 患者さまと良く相談しながら、その人それぞれに合った最適な治療方法を選択していきます。

ホルモン補充療法

更年期障害の主な原因がエストロゲンの減少にあるため、エストロゲンを補う治療(ホルモン補充療法:HRT)を行ないます。
HRTはのぼせ・ほてり・息切れ・冷汗・動悸・冷えといった血管の拡張と放熱に関する症状に特に有効ですが、その他の症状にも有効です。エストロゲン単独では子宮内膜増殖症のリスクがあるため、子宮のある方には黄体ホルモンを併用します。
ホルモン補充療法に用いるホルモン剤には飲み薬、張り薬、塗り薬などいくつかのタイプがあり、患者さまのライフスタイルに合わせて最適な方法を選択していきます。 ホルモン補充療法に関しては、心臓・血管の病気や骨粗しょう症といった老年期に起こる疾患を予防することができるという利点もあります。

ホルモン補充療法(HRT)を行う前と後の変化
ホルモン補充療法(HRT)を行う前と後の変化

漢方薬

漢方薬はさまざまな生薬の組み合わせで作られており、全体的な心と身体のバランスを回復させる働きがあります。
多彩な症状を訴える更年期障害に対しては「婦人科3大処方薬」とも呼ばれている当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)・加味逍遙散(かみしょうようさん)・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)を中心に、症状に応じた対応をいたします。

向精神薬

気分の落ち込み・意欲の低下・イライラ感・情緒不安・不眠などの精神症状が最もつらい症状である場合には、抗うつ薬・抗不安薬などの向精神薬を用いることもあります。 選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)やセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)といった新規抗うつ薬は副作用が少なく、ほてり・発汗などの血管の拡張と放熱に関する症状にも有効です。

閉経前後は糖尿病や動脈硬化、脂質異常症など生活習慣病をきたすリスクが高まるので、食生活や運動習慣を見直すことが重要です。
更年期を迎えるとエストロゲンの減少によって骨量が減り、骨粗しょう症が起こりやすくなるので、閉経後は早めに骨密度測定検査を受けるようにしましょう。 睡眠不足や運動不足は更年期障害を悪化させる原因となるので、規則正しい生活を心がけ、ウォーキングや水泳といった有酸素運動を行うなど、生活の質を改善するようにしましょう。
また、ストレスを抱えていると動悸や息切れ、食欲不振、疲労などを引き起こすことになるので、ゆっくりお湯につかる、音楽を聴く、ストレッチするなどして上手にストレス解消することも大切です。

Share

婦人科の主な疾患と治療法