子宮体がん

  1. HOME
  2. 疾患検索
  3. 婦人科の疾患
  4. 子宮体がん

子宮体がんとは

子宮体がんについて

子宮体部の内側にあり、胎児を育てるための子宮内膜から発生するがんです。子宮体がんは女性ホルモンが乱れることで発生します。
ホルモンバランスが崩れる40歳代後半から増加し、50~60歳代に多くみられ、閉経後の女性が罹患しやすい傾向にあります。
しかし、最近ではすべての年代で増加傾向にあり、特に40歳代の比較的若い年代の増加が目立ってきています。

子宮体がんの原因について

エストロゲンとプロゲステロンという2つの女性ホルモンが関係しています。
エストロゲンは子宮内膜を増殖させ、プロゲステロンはそれを抑制していますが、そのバランスが崩れ、エストロゲンが過剰になると子宮内膜が増殖し、がんが発生するといわれています。
また、エストロゲンに関係なく発生するタイプもあります。リスク因子として、肥満、閉経が遅い、月経不順、出産経験がない(少ない)ことなどが挙げられます。

子宮体がんの症状について

最もよく見られる症状は不正出血です。褐色のおりものが分泌される場合もあります。
進行してくると排尿しづらい、または排尿時に痛みを感じる、性交時に痛みがある、下腹部や腰の痛みなどがあるといった症状を自覚することもあります。
罹患する年代が比較的高いため、閉経後や更年期での不正出血や少量の出血が長く続く場合には特に注意が必要です。

子宮体がんの検査について

問診、内診、細胞診の順で検査は進んで行きますが、必要に応じて組織診や超音波検査が加わります。
子宮体がんではがんがどれほど広がっているか、がんの転移がないかどうかを見極めることが治療方法を決定する上で重要になります。
このためにはCT検査やMRI検査が有効です。

CT検査

CT検査はX線を使ってさまざまな角度から体内を連続的に撮影するものです。人体をいわば輪切りにした映像をモニターに写していきます。
他臓器へ転移していないかどうかなど広い範囲でのがんの進行が分かります。

MRI検査

MRI検査は人体の磁気共鳴作用を利用するもので、体に電磁波を当ててコンピューターで画像化します。
子宮の病変が良性か悪性かを見分けることができ、がんであれば子宮筋層にどれほど深く潜り込んでいるかも分かります。

PET検査

また、PET検査を行うこともあります。がん細胞は正常細胞より分裂が盛んなため、ブドウ糖を通常の3~8倍多く消費します。
PET検査はこの性質を利用して、ブドウ糖に似た検査薬を静脈に注入し、検査薬が体内のどこに集まるのかを観察して、がんの位置や進行度診断します。

子宮体がんの治療について

治療の主体は手術です。病気の進み具合にもよりますが、基本的には子宮、卵巣・卵管、リンパ節を摘出するのが一般的です。
現在は子宮体がんの腹腔鏡下手術やロボット手術が保険適応となっております。

当クリニックはロボット手術において日本トップレベルである東京国際大堀病院と提携しております。
東京国際大堀病院では、子宮体がんに対して腹腔鏡下手術、ロボット支援下(ダビンチ手術)を積極的に行っており、がんの根治と同時に安全かつ身体へ負担の少ない手術を目指しております。

診断した時点で手術による病巣の完全摘出が困難な場合には、抗がん剤治療(化学療法)や放射線治療などが行われます。
若年で子宮を温存して妊孕能の維持を希望される方には、ホルモン剤を使って治療することも可能です。
ただし、ホルモン治療の適応となるのは、初期の子宮体がんで、しかも一部のタイプのものに限られるので注意が必要です。

出産経験がない(少ない)、肥満、月経不順、エストロゲン製剤を服用していることのほかに、高血圧、糖尿病、乳がん・大腸がんを患った近親者がいる場合も注意が必要です。
子宮体がんは、早期のうちに発見できれば生存率は90%以上と良好のため、少しでも「おかしい」と思ったら婦人科を受診しましょう。

Share

婦人科の主な疾患と治療法