子宮頸がん

  1. HOME
  2. 疾患検索
  3. 婦人科の疾患
  4. 子宮頸がん

子宮頸がんとは

子宮頸がんについて

子宮下部の子宮頸部と呼ばれる部分に発生するがんです。
子宮頸がんは年間約1万人が罹患し、約2,800人が死亡しており、患者数・死亡数とも漸増傾向にあります。
近年は若い世代で多くなっておりピークは30歳代です。20歳代、30歳代の女性で子宮頸がんのために妊娠できなくなる女性が毎年1,200人ほどいるといわれています。
子宮頸がんの原因はヒトパピローマウイルスウイルス(HPV:Human Papilloma virus)の感染です。HPVの感染を契機にがんに進行する可能性のある細胞(異型性)が増えてきて、数年以上かけてがんに進行します。
この異形成を検診によって早期に発見すれば比較的治療しやすいとされています。子宮頸がんワクチンによるHPV感染予防と20歳以降の定期的な子宮がん検診の受診によってかなり予防することができます。

子宮頸がんの原因について

性交渉によって感染するヒトパピローマウイルス(HPV)が関係しています。
子宮頸がん患者の約90%から検出されております。
ただ、性交経験のある女性の約80%は生涯で一度は感染経験があるといわれており、感染自体は珍しいことではありません。
多くの場合は発症することなく自己免疫によって自然にHPVが排除されますが、排除されないまま感染が続くことで一部に異形成が起き、数年をかけてがんに進行します。

HPVワクチン

国内で承認されているHPVワクチンは2価と4価の2種類があります。
2価ワクチンは子宮頸がんの主な原因となるHPV-16型と18型に対するワクチンです。一方4価ワクチンは16型・18型と、良性の尖形コンジローマの原因となる6型・11型の4つの型に対するワクチンです。
これらワクチンはHPVの感染を予防するもので、すでにHPVに感染している細胞からHPVを排除する効果はありません。
したがって、初めての性交渉を経験する前に接種することが最も効果的です。

子宮頸がんの症状について

子宮頸がんは初期の段階では自覚症状がほとんどありません。
比較的早い段階での症状に、性交時の出血がありますが、これは子宮頸部にできた腫瘍の表面がもろく、そこに血管の新生が起きてペニスが接触すると出血するからです。
子宮頸がんが進行すると性交時の出血に加えて、おりものの量が増えます。
さらには子宮周辺の膣壁や直腸、膀胱、骨盤壁などに広がってがんが神経を圧迫するようになると、下腹部痛や腰痛、背部痛を自覚することもあります。

子宮頸がんの検査について

問診、内診、細胞診の順で検査は進んで行きますが、必要に応じて組織診や超音波検査が加わります。
子宮頸がんでは他のがんと同様に局所でがんがどれほど広がっているか、がんの転移がないかどうかを見極めることが、治療法を決定する上で重要なこととなってきます。このためにはCT検査やMRI検査が有効です。

CT検査

CT検査はX線を使ってさまざまな角度から体内を連続的に撮影するものです。
人体をいわば輪切りにした映像をモニターに写していきます。
転移していないかどうかなど広い範囲でのがんの進行が分かります。

MRI検査

MRI検査は人体の磁気共鳴作用を利用するもので、体に電磁波を当ててコンピューターで画像化します。
子宮の病変が良性か悪性かを見分けることができ、がんであれば子宮や周囲臓器にどれほど深く潜り込んでいるかも分かります。

PET検査

また、PET検査を行うこともあります。がん細胞は正常細胞より分裂が盛んなため、ブドウ糖を通常の3~8倍多く消費します。
PET検査はこの性質を利用して、ブドウ糖に似た検査薬を静脈に注入し、検査薬が体内のどこに集まるのかを観察して、がんの位置や進行度診断します。

これらの検査を経て「がんの深さ」「がんの大きさ」「他臓器への転移の有無」を合わせて子宮頸がんのステージが決定されます。

子宮頸がんの治療について

手術療法、放射線療法、化学療法(抗がん剤)の3つを単独または組み合わせて行います。
がんの進行状況や広がり具合、妊娠や子宮温存の希望、基礎疾患の有無などによって適切な治療方法を選択することが大切です。
手術では、妊娠の希望がある場合は、子宮を残すためにレーザー治療や子宮頸部の一部のみを円錐型に切除する手術を行います。
子宮温存の希望がない場合や子宮を残すことが難しい場合は、子宮全摘出の手術が行われますが、子宮や腟の一部または周辺組織などを広範囲にわたって摘出する方法もあります。
また、放射線治療は体の外から照射する方法と腟を通してがんのある部分に照射する方法があります。
抗がん剤による化学療法と併用すると放射線治療を単独で行う場合よりも有効性が高まるといわれています。

子宮頸がんは早期のうちに発見することができれば治癒率が高まり、子宮を温存することも可能です。
治療後の妊娠も可能なことから、定期的な検診が非常に重要となってきます。
比較的若い年齢で発症することが多いため、20歳を超えた女性には2年に1度の検診が推奨されています。
また、喫煙が一因となっているといわれていることから、たばこを吸わないことががんの予防につながります。

Share

婦人科の主な疾患と治療法