リウマチ科 関節痛、慢性疼痛、
慢性疲労に特化した診療

  1. HOME
  2. 診療科紹介
  3. リウマチ科

医療法人社団 實理会 東京八重洲クリニック
リウマチ科 医師 / 東京医科大学 兼任教授

岡 寛 Hiroshi Oka

痛みを克服し、質の高い
日常生活を送っていただくために

当院の関節リウマチ治療では、内服治療や生物学的製剤治療、関節注射、装具治療などを組み合わせることで大きな治療の成果を得られております。慢性疼痛症/線維筋痛症の治療では、標準薬のみに頼ることなく、ワクシニアウイルス接種家兎炎症皮膚抽出液(ノイロトロピン®)の高用量、トリガーポイント注射などの独自の治療を加えて改善傾向が得られています。慢性疲労症候群では、保険適応外ですが、ビタミンCの大量療法、レボカルニチンの点滴/内服治療、グルタチオンの点滴などを行い、大きくQOL(日常生活の質)が改善してきました。他にも、更年期障害に対する胎盤製剤(プラセンタ)治療などが効果を挙げております。

当リウマチ科は
再診のみの完全予約制となります。
  • 現在、リウマチ科では初診の受付を行っておりません。
    皆さまへは大変ご迷惑をおかけいたしますがご了承の程よろしくお願いいたします。